トップ

アンチエイジングの歴史

アンチエイジングとは

アンチエイジングの医学の進歩

今、医学の世界でも美容の分野でも注目度の高い、アンチエイジング。クリニックなどでも、若返るための施術を積極的に行っているようですね。女性だと実際に行動に移している方も多いのではないでしょうか。この分野はすでに長い歴史を持っています。知らない方も多いでしょうが、このアンチエイジングの発案者が目指していたものは不老不死だと言います。実際に抗加齢医学はすごいスピードで発達しており、飲むだけで若返るような薬も開発されたようですね。今はまだ市場には出ておらず、実験段階だそうです。実用化される日が楽しみですね。

肌

NMNで遺伝子を活性化

NMNというのは、全文で記述したアンチエイジングの薬です。この薬品はサーチュイン遺伝子という細胞を新しくするを活性化する効果があります。実は、動物が年老いていく現象はこの遺伝子にちょっとした変化を加えるだけで、止められると考えられています。また、このサーチュイン遺伝子は哺乳類の中に7種類も存在するそうです。この遺伝子に働きかけるNMNという薬を使って、実際に白髪の混じったねずみを黒々とした若いねずみにする、という実験が成功しており、この薬は注目度を上げています。私達人間にはまだ使われていないようですが、10年後のアンチエイジングは現代の方法と大きく変わっているのではないでしょうか。

↑PAGE TOP

© Copyright アンチエイジングの歴史. All rights reserved.